デスク作業の腕疲労軽減!机も広く使えるリストレスト

最終更新日

ポール型のディスプレイスタンドを購入したら机の上が片付いたのですが、ディスプレイが前に出てしまった関係で腕を机の上に置きたいとなると画面と顔が近すぎるという問題が発生しました。あまりにも近すぎると逆に見にくいので、より良い机環境を作るために机を少し延長できるリストレストを導入してみましたので紹介します。

早速装着してみたのですが、机の上のが広く使えていい感じです。机の裏が擦れている感じや、力をかける角度が悪いとガタッとなってしまうのはしょうがないかもしれませんが、想定以上に良い作りです。

机との距離もそこそこ取れるので大きめのものを買った方が余裕ができて左右にも腕が広げやすくて良いのではと思います。

半年使ってみて

画面から少し離れることができて、想定していた感じの使用感です。腕が机に乗せられなくて辛かったという問題も解消されています。

ちょっと気に入ってない点が何点かあります

  • 少しガタガタする
  • 腕の当たるところの繊維が汚れたら落ちなさそう
  • 少し高さがありすぎるかも

少しガタガタする

非常に良い構造で、どんな机にも大体使えるのですが、したの支える金具のところが少し浮いてしまってジャストフィットとはなっていないようです。

少し隙間があるので別の用途で買っていた耐震ジェルパッドを折り曲げて貼り付けたら、ズレたときになるガタンという音が鳴らなくなったのと、安定したように思います。

腕の当たるところの繊維が汚れたら落ちなさそう

布というかメッシュ構造になっているために飲み物をこぼしたり汗を吸ってしまうのではないかと思いました。拭き取るだけでいい感じの硬い構造の方が良かったなと思いました。夏場は少し暑いし、毛玉が出てきて使用感が出てきているので長期間使うのには向かない構造だなと思いました。

食事やお菓子などを食べる時はこぼしたらやばそうだなという時はできる限りはずして食べていますが少しめんどくささがあります。

少し高さがありすぎるかも

設置すると机より少し浮いたところに腕がなってしまうので、どうしてもキーボードやマウスはその下にあるという形になってしまうので、人によっては腕が痛くなる原因になってしまうかもしれません。

僕はこれくらいがちょうど良いかもなぁと思っていますが違和感や気になるということはあるかもしれません。

こんな人におすすめ

天板が狭く画面までの距離が近い人におすすめですが、段差があるのでちょっとイマイチかなって思いました。あとメッシュになっているので食事をこぼしてしまうとちょっと掃除がしづらいかもしれませんので食事をしない机だったりいちいち外して食事をするならいいもしれませんね。

天板を交換してしまうのが一番良いかもしれませんが、そこまででもないという方にはおすすめです。

  • どうしても広い天板に交換ができない方
  • アームレストが欲しいと考えていた方
  • 食事をしないテーブルの方

8号

東京でシェアハウスをしています。ウェブサービス系のエンジニアとして活動しています。生活に取り入れると便利なモノやウェブサービスなどの紹介をこのブログで配信していこうと思っています。 過去に家を持たないホテル生活を2年し、オープンなシェアハウスなども3年ほど経験。衣食住を楽にする方法を模索しています。 twitter: hatch2

シェアする