Macアプリサブスク「Setapp」で本当におすすめ9個のアプリ紹介

最終更新日

Setapp Mac Apps

Macで使うソフトはMacAppStoreからダウンロードすることができますが、サードパーティーのアプリサブスクリプションサービスSetappからだと買い切りのソフトウェアも月々契約することで利用することができます。

最近では有料のツールもサブスクリプション化やバージョンアップのたびに課金が必要なツールが多いので、全てのアプリケーションが詰まっていると言うわけではないですが、とてもおすすめなアプリも多いので紹介しようと思います。

Setappを利用すると使ってみたいソフトがサブスクリプションで試せる

MacAppStoreにあるソフトが全部使えるというわけではなく、だいぶ限られたソフトになりますが、Macアプリで有料ソフトが月々$9.99 (1200円)ほどから利用できというソフトです。Setappに登録しなくてもMacAppStoreから直接購入したり、ウェブサイトでライセンスを買ったり、サブスクリプションに入る事で使えるソフトがほとんどです。

いろいろとアプリが登録されているのですが、英語なのでとりあえず使ってみるしかない….ということで8号が使ってみてよかったツールなどを紹介いたします。あまり気にしていなかったのですが、アプリのほとんどはローカライズされておらず英語のまま使わないといけないというソフトがほとんどですので日本語が良いという方は導入を考えた方がいいかもしれません。

Setappダウンロードはこちらから

Setappのサブスクリプションで使えるオススメのツール

Setappにはたくさんのソフトが登録されていますので、とりあえず使い始めるのにどんなソフトを使いたいか自分で選ぶ必要があります。オススメも表示されるのですが、入れてみて試すしか本当に便利なのかわかりません….

8号が利用してみておすすめのソフトを紹介するのでSetappを導入するか迷っている人やサブスクリプションに入ってみたが利用するソフトに困っているという人に紹介いたします。

利用を始めて半年ほど経ちますが本当にSetappはおすすめです。

CleanShot X

MacアプリのSetappでインストールできるCleanShot X

スクリーンショットを撮るソフトです。画像だけでなく動画にも対応しています。Macのデフォルトのショートカットを上書きして稼働してくれるのですぐに導入することができますね。

スクリーンショットを撮ると画面左下に並べてくれます。最大枚数は試していないのですが8枚くらいは並べられるのではないかと思います。Macの標準のスクリーンショットだと一定時間は画面の左端に表示されて保存するか削除するか決められますがCleanShotXは削除ボタンもしくは保存ボタンを押すまで表示され続けています。

そこからメールやチャットにドラックするとすぐにスクリーンショットを利用することができます。保存したり、赤文字を追加したりすることもできるのでリモートワークで指示を出したりする時にはとても便利ですね。

動画にも対応しているようで撮影するとmp4にして保存してくれますが、撮影前に設定するとGIFにもしてくれるようです。動画のオプションではクリックしたらアニメーションをつけてくれたり、ショートカットを入力するとそのボタンを表示したりしてくれるようです。音声もMac内の音をつけたり、マイクの音を追加したりできるようですのでリモート会議でどうしてももう一度確認しながら議事録を書きたい時などはとても良いと思いました。

mp4で保存する時はQuickTimeで画面録画した時と同じくらいのサイズになってしまうようで1時間の会議で2.5-4GBは行ってしまうように思います。キープするにはエンコードする必要がありそうですね。

DisplayBuddy

MacアプリのSetappでインストールできるDisplayBuddy

Macのキーボードでサードパーティ製のディスプレイの明るさや音量ボリュームを調整できるソフトです。

サードパーティ製のディスプレイはボタンをポチポチして自分で明るさなどを調整しないといけませんでしたがこちらのソフトを使うとApple以外のサードパーティのディスプレイもメーカーや接続方法は限られていますが自由にMacのメニューバーから明るさとコントラスト、ディスプレイのスピーカーの音の大きさまで調整きます。

シンク機能があって、Macのディスプレイとサブディスプレイを同じ明るさくらいにゲージを設定しておくとMacとサブディスプレイを大体同じ明るさくらいで調整してくれます。プリセットも保存できるようなので、昼間の明るさと夜の明るさを登録しておけばすぐに調整できます。

対応ディスプレイについてあまり調査していませんが、HDMIかUSB-Cで繋いでいるディスプレイであれば対応すると思います。

Bartender

MacアプリのSetappでインストールできるBartender

Macのメニューバーにあるステータスメニューで表示させるものをコントロールする事ができます。そんなずっと表示されているべきものなんて結構少ないと思います。

リモートワークが増えて場所移動がなければWiFiも繋ぎかえは少ないですし、バッテリーも基本的に電源に繋ぎっぱなしで利用していれば本当にやばい時だけバッテリー10%の表示のアラートが表示されますので普段は不要だと思いました。そんなステータスを非表示にしてみたいものだけ表示するということができます。

その他にも並び替えができます。必要最低限のアイコンに削ってから、さらに必要な順に並び替えができます。

NotePlan

MacアプリのSetappでインストールできるNotePlan

日々のタスクをMarkdownで記録できます。前日や前週などに後日の予定をまとめておいたりするとその日に作業するタスクを確認することができます。setupのライセンスを追加購入する必要がありますが、iPadやiPhoneとの同期もできます。iCloudKitを使った同期やDropboxでの同期もできますので使いやすい方法で同期すると良いですね。

見返すこともできるので、日記的に日々やった事とかも記録しておくと良いかもしれません。

同期を利用して色々なデバイスでみたい場合はSetappのライセンスを複数サブスクリプションする必要があり、iPhoneとiPad、Mac用の3つ契約する必要があるのが少し辛いところではあります。

Dropbox同期で利用しているのですが同期がリアルタイムではなくアクティブになると同期が開始するようで外出先で見ようとしても少し時間がかかったりする事があります。iCloudKit経由だともしかしたらスムーズなのかもしれませんが容量オーバーするとiCloud課金をする必要がありそうなのでまだ試せていません。

Dash

MacアプリのSetappでインストールできるDash

プログラミングの辞書ツールです。オンラインで公開されているプログラミング言語の辞書をローカルに落としてきて検索する事ができます。ローカルに落としているのでとても高速に動作します。 ネットが使えない環境でも事前に辞書をインストールしておけば使えるのが嬉しですね。

良い機能としては、スニペット機能もついていてソフトに依存しません。特定の文字列を使っているソフトで入力すると入力内容を差し替えてくれます。メールアドレスやよく使うCRUDのコントローラー、デバッグで使える記述、Deployコマンド、メールで挨拶で使う言葉やメールの署名、請求書の指示でよく使うフォーマットなど記録しておくことができすぐに呼び出すことができます。

Paw

MacアプリのSetappでインストールできるPaw

Swaggerなどスタンドアローンで動作するツールも出てきましたが、YAMLを書くのがとてもめんどくさいです。

Pawを使えばAPIを叩いてくれたりレスポンスが200で帰ってくるかテストをしたりすることができます。レスポンスもWEBそのままのものを見たりJSONをテーブルのように整理して表示してくれたりなど開発でとても役立っています。説明なども記録できるのでチーム内でAPIのドキュメントとして共有するのもとても良いと思います。

ログイン情報なども変数などを使って環境ごとに制御できます。

Pawを持っていない人にシェアできる機能などもありますがSetappのユーザだと共有できないように思いました。もしかしたら本家の方のサブスクリプションに入らないとWEBで共有機能は使えないかもしれません。

TablePlus

MacアプリのSetappでインストールできるTablePlus

データベースをエクセルのように見られるソフトです。SSHトンネルなどの踏み台接続にも対応しています。幅広いデータベースソフトウェアに対応していてMySQLやPostgreSQLはもちろん、MariaDB 、 Amazon RedshiftやMongoDB 、Casandra 、 Redis 、 Olacle 、 Microsoft SQL(MSSQL) 、 SQLite 、 Snowflake 、Cockroach、GreenPlum 、Vertica など使ったことないデータベースまで幅広く対応しているようです。

もともと無料で使えるのですが、有料にアップグレードすると1つのデータベースサーバに接続している時にタブが使えます。複数のテーブルを参照するときに便利に使えますがsetuppからインストールすれば複数タブが使えるので制限があって不便を被るより全然いいですね。

こちらのソフトの特徴は保存するまで調整がコミットされないという事です。複数カラムや複数行を調整して確認して大丈夫であれば⌘+sで保存する事ができます。従来のデータベースツールだとカラムを調整しようとすると1項目ずつアップデートがかかってしまいましたがこちらのツールは一通り調整が済んだと思ったら保存できるというのが便利ですね。間違えたら一大事な修正も何度か確認したり同時に反映したい事も貯めてから反映できるので安心ですね。

Backtrack

MacアプリのSetappでインストールできるBacktrack

設定した時間の音をずっと記録していてくれます。Macのマイクの音を記録しMacのメニュー画面から何時間分の音声を呼び出したいか指定するとmp3にして書き出してくれます。Macの前で電話していてどんな話をしたかもう一度聞き直したい時などには何もしなくても事前設定した時間の音声を記録して置いてくれるので後から必要になった時にもすぐにさかのぼって音声を保存できるので、議事録に記録を撮り忘れてしまった事を悔やむこともなくなるはずです。

ひとまず常駐させておくという必要があるのですが、会社の自分の机で同僚や上司と話た内容をテキスト化の必要があったりするとこちらで遡ってテキスト化することで安心ですね。

BetterTouchTool

MacアプリのSetappでインストールできるBetterTouchTool

Macのショートカットやマウスジェスチャー、タッチバー、crontabのような時間によって発動させるなどの設定をできるツールです。特定のボタンを押すとウィンドウのサイズを設定しておいたサイズに並べたりなどすることができたり繰り返し作業も多少自動化することができます。

僕はディスプレイサイズを調整できるキーボードショートカットとタッチバーに電池残量を表示する設定などをこちらのソフトでしました。サブディスプレイがウルトラワイドディスプレイでウェブサイトを3枚ほど表示できる広さなのでちょうど良いサイズにブラウザをリサイズして並べたりなどするのに利用しています。資料を読みながら別の作業をする時にとても便利です。

ウィンドウサイズ変更の設定はパーセンテージ指定なので普段使っているディスプレイと別のディスプレイに繋いだ時にもパーセントで設定しておけばどんなディスプレイを使ってもいい感じに分割することができます。

タッチバーにNightShiftや画面スリープ、画面ロックを呼び出せるボタンを作るとても便利なことが最近わかりました。

こんな人におすすめ

やはり使いたいツールが揃ってないと単品購入の方がお得かもしれませんが、Setappは払ってる範囲で使えるならたくさん使おうと開拓してみるのはいいかもしれません。最低契約期間がないので1ヶ月とりあえず使ってみるというのがいいかもしれませんね。一括で買い切ってしまうとアップグレードされてまた課金が必要になるかわからないので、Setappのサブスクリプションに入っていれば最新版が常に使い続けられるのは嬉しいところでしょう。

Macを買い替えたり、MacOSアップデートでいずれは最新のアプリに切り替えないといけないので買い切りよりは今回紹介したSetappのようなサブスクリプション課金の方が使いたいタイミングだけ支払いができて買い切りより安く済むことも多いのでおすすめです。

割引登録はこちらから

東京でシェアハウスをしています。ウェブサービス系のエンジニアとして活動しています。生活に取り入れると便利なモノやウェブサービスなどの紹介をこのブログで配信していこうと思っています。 過去に家を持たないホテル生活を2年し、オープンなシェアハウスなども3年ほど経験。衣食住を楽にする方法を模索しています。 twitter: hatch2

シェアする